弁護士にお願いすると良い理由

『弁護士さん以外でも債務整理取り扱いって
 よく見るけど・・・』

『弁護士さんと司法書士さんでは何が違うの?』
ホームページ用写真 017.jpg


弁護士に限らず、司法書士など弁護士以外の資格を持った事務所でも借金問題は取り扱われています。どこに相談すれば良いのかわからないという方も多いかと思いますので、ここでは主に弁護士と司法書士の違いについてご説明いたします。

 

弁護士費用は司法書士よりも費用が高いというのはウソです。


多くの方が、弁護士さんに頼むより、司法書士さんに頼んだ方が費用がかからないと言います。
しかし、本当にそうでしょうか?司法書士の費用についても、インターネットで検索すれば一目瞭然、弁護士とほとんど同一の基準で費用を設定しています。

弁護士だけができること

弁護士は請求金額の多少にかかわらず、依頼者の代理人になることができます。

⇒弁護士に全て任せることで、依頼者の方の負担は最小になります。特に自己破産や民事再生といった、裁判所との煩雑なやり取りが必要な場合は、特にご相談ください。

借金の金額が140万円以上の場合は弁護士しか対応することができません。

140万円以上の借金になると、司法書士には訴訟を代理して行う権限がありません。140万円以上の借金になる場合は、弁護士に依頼することが確実です。

※ここで基準となる借金の額はすべての債権者の総債権額で判断されます。つまり、140万円以下か否かは債権者毎ではなく、複数借り入れ先がある場合はそれらを合わせて140万円以上の場合(過払い金含む)に、弁護士にしか交渉権がないということになります。

自己破産・民事再生の場合


自己破産や民事再生の場合、司法書士には訴訟代理権がありません。地方裁判所に申立を行う必要があることから、司法書士は書類の作成までしか担当できません。つまり、司法書士に依頼した場合には、あくまで本人が申し立てたことになりますので、裁判所との複雑なやりとりを要求されます。

債務整理は弁護士への依頼がおすすめです。ぜひ、兒玉総合法律事務所へご相談ください。

債務整理について詳しく知りたい方

● 債務整理の相談は兒玉総合へ
● マイホームを手放さずに債務の整理を
   行いたい方へ!
● 知っておきたい自己破産のポイント
● 知っておきたい債務整理のポイント
● 早くしないと返ってくるお金も返ってきません
● 知っておきたい個人再生のポイント
● 弁護士にお願いすると良い理由
● 弁護士選び、ここだけは気をつけたい!①
● 弁護士選び、ここだけは気をつけたい!②
● 債務整理の手続きってどうやるの?
● よく聞くお客様からの質問
● 債務整理事例


1.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

※現在ご相談・対応を受付けている分野は、交通事故・債務整理・相続の事案に限らせていただいております。大変申し訳ございません。

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所概要   ■アクセス   ■弁護士費用