• TOP
  • 相続
  • 当事務所の相続についてのサービス

当事務所の相続についてのサービス

当事務所で提供している相続についてのサービスをご紹介
いたします。
 

1.遺産分割協議【交渉・調停・審判】代理サービス


遺産分割は、まずは話し合いですが、話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所が当事者の意見を下に後見的に関与する遺産分割調停、それでもまとまらない場合、裁判所が積極的に遺産の分割について決定する審判手続きとなります。 また、遺産分割に関連して、そもそも遺産であるかどうかについて争いがある場合は、別途、遺産確認の訴訟などもありえます。

当事務所では、相続人の確定や遺産の評価額の算定など遺産分割に必要な調査も、税理士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士などの他の専門家の協力も得ながら進めていきます。

2.相続放棄手続きの支援


遺産の相続というとお金や不動産などの財産を分けるというイメージがあると思いますが、実は、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことが原則です。

そこで、民法は遺産の放棄の手続きを定めております。この遺産の放棄の手続き自体は家庭裁判所に遺産の放棄を申告(専門用語で申述といいます)するだけでよいので、そんなに面倒ではありません。

しかし、民法は、実は、相続の対象となる人が亡くなった事を知ってから3ヶ月以内に遺産の放棄をしたい人は家庭裁判所に申告しなければならない旨定めています。もちろん、この条文をめぐっては、たとえば、なくなった事を知ってからといっても、いろいろ事情があって放棄の手続きができなかった場合は例外的に放棄がみとめられないのか?などの疑問があり、現に様々ケースで例外も認められています。

簡単な手続きと言われても自分一人では無理という方にも、事情があって放棄したくてもできなかったが、やはり放棄をしたいという方のために、相続放棄のお手伝いをするサービスも行っております。

3.相続トラブルを未然に防ぐための遺言書作成の支援


遺言書の作成は、自己の財産を的確に把握し、相続人に対してどのような意図で遺言書を残したいのかを慎重に検討した上で作成しないと、かえって自分が亡くなった後、相続人の間でトラブルを生みます。ですから、しっかりとした専門家のサポートを受けて作成される事をおすすめします。

当事務所の特徴(相続問題)

行政書士・司法書士との比較


相続人達のみで話し合いがまとまる場合は必ずしも弁護士は必要ではありません。手続きのみでしたら、下記に示した通り、弁護士以外でも行うことができます。

・遺産分割協議書の作成⇒行政書士
・不動産の名義変更⇒司法書士
・相続税の申告⇒税理士


ただし、相続人間で話し合いがまとまらない場合は、弁護士に依頼する必要があります。代理人となり、遺産分割手続(交渉、調停、審判)、その他相続に付随する各種訴訟手続きを行い、公平な遺産分割を行うことができるのは弁護士「だけ」です。
行政書士や司法書士は、あなたの代理人として他の相続人と交渉することは一切できません。また、家庭裁判所の調停・審判に出席することも一切できません。

ましてや、最近は「相続コーディネーター」「相続コンサルタント」という肩書きのもと、何らの資格もないまま、付け焼き刃の税知識や法律知識を用いて、法外な報酬を受け取っている者が暗躍しているケースも多々見受けられますが、これらは弁護士法違反になる可能性がきわめて高く、結果的に大きな損失を被ることも多々あります。

弁護士は、直接または相手方の代理人の弁護士と交渉し、手続きを有利に、またスムーズに進めることができます。
 

当事務所の特徴


当事務所は、【人として皆さんの悩みに接する】事を最も大切にしております。

また、現在は、弁護士1人で運営しておりますが、複雑な事件にも懸命に取り組んでおります。顔の見える弁護士であり続ける努力を重ねております。

実際に、遺産分割調停においても、解決事案が蓄積されております。弁護士選びにお悩みの方、一度ご相談して頂ければと思います。

全ての人に完全なご満足を得て頂く事は、わたくし共と相談者の方の相性もありますから困難かもしれません。しかし、多くの方に【ここに頼んでみようかな】と思って頂けると確信しております。

相続について詳しく知りたい方

● 当事務所の相続についてのサービス
● 教えて! 遺言の種類
● 教えて!遺言書の書き方
● 遺産分割でよく聞く悩み
● 遺産の範囲をめぐるトラブルを解決するには?
● 教えて!遺産分割協議書
● 知っておこう!特別受益と寄与分
● こうやる!相続手続き
● あの人には財産を渡したくない
● マイナスの財産まで相続しなければ
ならないの?
● あの人に相続の取り仕切りをお願いしたい
● 相続税がどのくらいかかるのか不安だ
● 行方不明になった親の相続は?
● 財産がどれくらいあるのかわからない
● よく問題になる『あなたにあげる』 死因贈与
● 相続人が亡くなっている場合どうすれば
良いの?
● 相続問題解決事例
● 相続の料金案内


1.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

※現在ご相談・対応を受付けている分野は、交通事故・債務整理・相続の事案に限らせていただいております。大変申し訳ございません。

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所概要   ■アクセス   ■弁護士費用

お客様の声お気に入りに追加する料金

事務所概要

〒880-0867
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目3-21

相談のご予約はこちらアクセスはこちら