相続手続の費用の御案内


相続問題は決して容易に解決するものではありません!かと言って,弁護士さんに頼むというのは費用もかなりかかるのでは…というお気持ちも分かります。
コダマは費用の面でも他の事務所にはない工夫を凝らしつつ,どの手続きにいくらの費用がかかるのかなどの説明を丁寧にいたしますので,安心して相続トラブルの解決を委ねる事ができます。

 第1 遺産産分割を巡る紛争解決の場合
遺産分割についての交渉・調停・審判に弁護士が代理人として活動する場合の費用です。

   【コダマの特徴】
 着手金については,御依頼の時点では,被相続人の遺産が不明な場合も多々有ることを考慮しまして,あらかじめいただく金額を10万円(消費税別)とし,残る着手金は,遺産の分割が終わり,実際に遺産分を取得しお客様に引渡しできる時にお支払いいただく,あんしんプランをご用意させていただいております。

 1 着手金(消費税別)
  (遺産の総額)              (着手金額)
 300万円未満                20万円
 300万円以上 500万円未満       30万円
 500万円以上1000万円未満      40万円
1000万円以上1500万円未満      50万円
1500万円以上2000万円未満      60万円

以降遺産が500万円上がる度に10万円ずつ加算されます。
但し,上限を200万円とします。 

 2 報酬金(消費税別)
事件が終了した時点で、結果に応じてお支払いいただく費用です。
なお,不動産については,次の基準で費用の算定をいたします。

①鑑定評価額
②固定資産評価額

のれんなどの無体財産権は,鑑定結果を算定基準といたします。

 (遺産総額)                (報酬金額)
~300万円までの部分        経済的利益の15%
300~3000万円までの部分     経済的利益の10%
3000~1億円までの部分        経済的利益の8%
1億円~3億円までの部分      経済的利益の6%
3億円を越える部分           経済的利益の4%

第2 遺留分減殺請求の代理手続を依頼される場合

※遺産分轄の交渉・調停・審判の手続きの中で,慰留分減殺請求を行う場合は,依頼案件の着手金10万,御依頼案件の報酬金を20万円加算します。

1 着手金(消費税別)
 (遺産総額)               (着手金)
~300万円までの部分          15万円
300万円~3000万円までの部分    30万円
3000万円~3億円までの部分      60万円
3億円を越える部分            100万円 

2 報酬金(消費税別) 
(遺産総額)                 (報酬金)
~300万円までの部分          15万円
300万円~3000万円までの部分    
 30万円
3000万円~3億円までの部分      60万円
3億円を越える部分            100万円
 

 第3 遺言書作成の手続きを依頼する場合

 【コダマの特徴】
その1 
 単に法律的な視点からだけ遺言書を作成するのではなく,相続問題に強い税理士や不動産鑑定士と共に協議し,相続税対策を踏まえた遺言書を作成いたします。
 
その2
 遺言書作成後の紛争の防止のため,遺言書の記載内容(例えば,付加的文言など)に配慮した遺言書の作成を目指します。

   自筆証書遺言作成:15 万円~30 万円(消費税別)
   公正証書遺言作成:15万円~30万円(
消費税別)

   財産の規模と種類によって調査作業の難易度がかわるため幅を持たせた設定となっております。
   公正証書遺言作成の場合,立会人の日当と公証人への報酬が別途必要となります。 
 
  第4 相続放棄および限定承認の手続を依頼する場合 

1 相続放棄の申立て
申立費用:相続人お一人あたりにつき3万円(消費税別)

* 実費は別途ご負担いただきます。

2 限定承認手続
限定承認の申立手続と相続財産管理業務を行います。

申立費用:20万円(消費税別)
相続財産管理人業務費用:30万円(消費税別)

* 実費は別途ご負担いただきます。

お客様の声お気に入りに追加する料金

事務所概要

〒880-0867
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目3-21

相談のご予約はこちらアクセスはこちら