• TOP
  • 相続
  • 教えて!遺言書の書き方

教えて!遺言書の書き方

「作成方法が決まってるみたいだけれど、書き方が
 上手くわからない・・・」

「遺言は自筆で書かなければいけないのだろうか・・・」

「遺言の方式がいくつかあると聞きました。
 どれが一番いいのだろう・・・」
ホームページ用写真 004.jpg

法律上の効果を有する遺言書にはいくつかの書き方があります。各方式、所定の条件がございますのできちんと確認しておきましょう。

遺言書について


遺言は法律で作成の仕方が定められております。しかも、遺言の方式によっても異なるので注意が必要です。もし、間違った方法で作成してしまった場合、その遺言は何の効力も持たないただの紙切れとなってしまいます。

ここでは『自筆証書遺言』と『公正証書遺言』についてそれぞれ作成する上での注意事項を説明させていただきます。

なお、遺言書作成に関する詳細事項については弁護士などの専門家に相談することをお勧め致します。

 

自筆証書遺言作成について


・筆記具自由(ただし、ワープロやパソコンはダメ)
・縦書き、横書きどちらでも可
・用紙の大きさ、形態は自由
・自筆で全文を書く(ほんの一部でも自筆以外の文章が混じると無効)
・自筆による日付の記入
・自筆による氏名の記入
・捺印(できれば実印。認印や三文判でも構わない。)
・修正・変更の際には修正する場所に押印し、その上に修正・変更の箇所と内容を記し、署名をする。

公正証書遺言の書き方とポイント


・公証人役場へ出向く際、証人2人以上の立会いを必要とする
・遺言の内容は遺言者が公証人に口述する
・公証人が遺言者の口述を筆記する
・筆記した物は確認のため遺言者及び証人に閲覧、または読み聞かせる
・遺言者および証人が確認、承認をした後、各自が署名捺印する
・その証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を公証人が付記し、署名捺印する



以上、簡単に遺言書についてご説明させていただきました。詳しくは、専門家である弁護士にぜひご相談ください。兒玉総合法律事務所はあなたの相続を全面的にサポートいたします。

相続について詳しく知りたい方

● 当事務所の相続についてのサービス
● 教えて! 遺言の種類
● 教えて!遺言書の書き方
● 遺産分割でよく聞く悩み
● 遺産の範囲をめぐるトラブルを解決するには?
● 教えて!遺産分割協議書
● 知っておこう!特別受益と寄与分
● こうやる!相続手続き
● あの人には財産を渡したくない
● マイナスの財産まで相続しなければ
ならないの?
● あの人に相続の取り仕切りをお願いしたい
● 相続税がどのくらいかかるのか不安だ
● 行方不明になった親の相続は?
● 財産がどれくらいあるのかわからない
● よく問題になる『あなたにあげる』 死因贈与
● 相続人が亡くなっている場合どうすれば
良いの?
● 相続問題解決事例
● 相続の料金案内


1.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

※現在ご相談・対応を受付けている分野は、交通事故・債務整理・相続の事案に限らせていただいております。大変申し訳ございません。

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所概要   ■アクセス   ■弁護士費用

お客様の声お気に入りに追加する料金

事務所概要

〒880-0867
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目3-21

相談のご予約はこちらアクセスはこちら