• TOP
  • 相続
  • 教えて!遺産分割協議書

教えて!遺産分割協議書

「遺産を分配するのに、書類を書かなきゃいけないのは知ってるけれど・・・」

「遺産の分配をするうえで、書面上にどう表せば
いいのかわからない・・・」

「そもそも遺産分割協議書って何のこと・・・?」
IMG_9203_syusei0004.png

遺産分割ではさまざまなトラブルが起こります。それを事前に防ぐためにも、「遺産分割協議書」を作成しましょう。

遺産分割協議書について


『財産の分配』、『遺産の分割』をどのように行うかについて相続人全員の合意を書面にまとめたものを指します。適切かつ円満な遺産分割を行うためには、しっかりと遺産分割協議書を作成する必要があります。

作成をしなかったり、間違った方法で作成してしまうと、他の相続人から遺産分割協議のやり直しが求められたり、漏れていた相続人から無効を指摘されたケースもあります。

具体的には『誰に』『何を』『どれだけ』『どのように』分配するかが記載されています。不動産などの名義変更をする際や,なくなった方の名義の預金口座の引出などにも必要となります。

作成前に確認するポイント


・事前に誰が相続人なのか確認する
・事前に相続財産には何があるのか確認する
・事前に相続人全員の同意を得る


ことが挙げられます。
 

実際の協議書作成について


遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成しましょう。必ず作成しなければならない訳ではありませんが、証拠として残しておくことで、『協議があったのかどうなのか』、『分割の内容はどうなったのか』について紛争になった場合の証拠とすることができます。
作成したものは相続人の人数分作成し、全員の署名・実印による押印をし、印鑑証明書を添付し、各自が1通ずつ保管します。

※相続により不動産などの所有権の移転登記が行われる場合、添付書類として遺産分割協議書が必要になります。

※遺産分割協議は一度成立すると一部の相続人の独断で原則撤回できず、それにしたがって遺産分割を行います。

遺産分割協議書の撤回について


遺産分割協議を撤回または遺産分割協議書を書き換える場合には、遺産分割協議に関与した人全員(相続人全員)の同意が必要になります。

例外として、相続人でない者を加えた遺産分割協議、相続人の一部を除外した遺産分割協議、は無効です。重要な遺産(不動産など)が漏れていた場合には、錯誤によるものとして無効が主張できる場合もあります。

そのため、遺産分割と協議書の作成は慎重かつ正確に進める必要があります。

最初が肝心であり、遺産分割協議書さえ作成してしまえば、その後の手続き(名義変更)は比較的スムーズに進めることができます。なるべく早期に作成することがお勧めです。

遺産分割協議書の作成における注意点


・事前の入念な相続人調査が大切です。
後から相続人の脱漏により、遺産分割協議が無効になってしまうことを防ぎます。
必ずしも全員で協議を行う必要はなく、各相続人が協議の内容を承諾した事実があれば問題はありません。

もし、相続人が遠方に居住しているなどの理由により参加ができない場合には、財産管理人を代理人として遺産分割協議を実施することも可能です。財産管理人は家庭裁判所に申し立て選任を行います。

・遺産分割協議書が複数枚になる場合、相続人全員の実印で契印をすることが必要です。

・財産の表示方法に気をつけましょう。
財産が不動産の場合、所在地などの情報は登記簿通りにし誤りがないようにしましょう。
銀行口座を記載する場合では、金融機関名だけでなく、支店名・口座番号まで必要です。

以上、簡単に『遺産分割協議書』についてご説明させていただきました。詳しくは、専門家である弁護士にぜひご相談ください。兒玉総合法律事務所はあなたの相続を全面的にサポートいたします。

相続について詳しく知りたい方

● 当事務所の相続についてのサービス
● 教えて! 遺言の種類
● 教えて!遺言書の書き方
● 遺産分割でよく聞く悩み
● 遺産の範囲をめぐるトラブルを解決するには?
● 教えて!遺産分割協議書
● 知っておこう!特別受益と寄与分
● こうやる!相続手続き
● あの人には財産を渡したくない
● マイナスの財産まで相続しなければ
ならないの?
● あの人に相続の取り仕切りをお願いしたい
● 相続税がどのくらいかかるのか不安だ
● 行方不明になった親の相続は?
● 財産がどれくらいあるのかわからない
● よく問題になる『あなたにあげる』 死因贈与
● 相続人が亡くなっている場合どうすれば
良いの?
● 相続問題解決事例
● 相続の料金案内


1.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

※現在ご相談・対応を受付けている分野は、交通事故・債務整理・相続の事案に限らせていただいております。大変申し訳ございません。

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所概要   ■アクセス   ■弁護士費用

お客様の声お気に入りに追加する料金

事務所概要

〒880-0867
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目3-21

相談のご予約はこちらアクセスはこちら